政策

「平間しのぶが取り組む新宿区の課題」

1. 子育て支援 はたらく保護者の皆さんをサポートします。

子ども・子育て支援新制度のもとで、就労している保護者の方々をサポートします。

① 保育園待機児童の解消

子ども達の良好な保育環境を確保しながら、待機児童解消に向けてスピード感をもって取り組みます。

  • 保育園・子ども園の増設、認証保育所等の増設、幼稚園における預かり保育を拡充。
  • 再開発等に伴う大規模マンション建設時における保育施設誘致。
  • 民間事業所の事業所内保育施設との連携。
  • 優良ベビーホテルへの支援。
  • 認証保育所等の保育料保護者負担軽減措置の充実。

② 保育サービスの充実

延長保育、休日保育、病児・病後児保育、ひろば型一時保育等を充実していきます。

  • 延長保育、休日保育、病児・病後児保育の受入枠の拡大。病児・病後児保育については保護者の方々が安心して利用出来るように安全面をチェックしていきます。
  • 学童期における病児・病後児保育事業の拡大。

③ 学童クラブの充実

延長保育、休日保育、病児・病後児保育、ひろば型一時保育等を充実していきます。

  • 民間学童クラブの定員拡大、小学校内学童クラブ実施校数の拡大。
2. 高齢者・介護者の孤立防止 高齢者と介護者が安心して暮らせる環境を整備します。

高齢化率の高い都営住宅で一人暮らしの高齢者・認知症高齢者とその介護者が安心して暮らせる環境整備をしていきます。

① 自治会によるコミュニティづくり。

② 高齢者安否確認システム導入。

3. 避難所の整備 災害に備えた避難所を整備します。

災害時要援護者等に配慮した避難所の整備を推進します。

① 障がい者、高齢者、外国人、女性、乳幼児等それぞれの配慮事由に対応した避難所の整備。

② 災害用備蓄物資の充実。

4. 通学区域の見直し 子ども達の安全・安心に配慮した通学区域を目指します。

現在の通学区域は学校適性配置やこれまでの経緯から不自然な区域として設定されています。子ども達の居住地から安全・安心に通学できるよう通学区域を見直します。

5. 商店街の活性化・にぎわい創出 笑顔があふれ皆さんが快適に暮らせる街にします。

商店街の活気が地域のにぎわいを創り出します。シャッター通りにならず、毎日笑顔があふれ、子どもや大人、高齢者まで快適に暮らせる街にしていきます。

① 空き店舗の状態が長期間にわたらぬよう地域に必要なお店の誘致。

② 毎日の生活に必要な肉・野菜・魚の生鮮3品の出店の促進。

③ 商店街の街路灯のLED化の促進。街路灯を活用した商店街のイメージアップ。

④ 商店街に無料Wi-Fiを整備し快適な歩行者空間を確保しつつ多くの来街者に街を回遊してもらいます。

6. 放置自転車対策 歩行者が安心して歩ける街にします。

歩行者が安心して街を歩けるよう、歩道上に自転車が放置されない街にします。

① 駅前駐輪場の充実、来店者の多い店での駐輪場の確保。

② 放置自転車撤去の徹底。

7. スポーツ環境の整備

2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムは新宿区に建設される新国立競技場です。2020年に向けて全ての年代の人が気軽にスポーツを楽しめる環境整備や将来のトップアスリートを区内から排出できる体制づくりをします。

8. 景気回復が実感できる社会の実現

政府の経済対策の効果が区民の日常生活や中小企業の景況感にはまだ反映してきていません。区民や商売をしている方が生活や経営に不安を抱くことなく安心して暮らせ経済活動ができる社会を実現していきます。区財政の先行きが不透明な中で、限られた財源を効果的・効率的に配分できるようにしていきます。

平間しのぶ